読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

西野氏の絵本プペル無料公開のノリでアデプトプログラムの無料公開をやったらどうなるのか

情報がネットで公開されても価値があるものだけがこれから残っていく

 西野亮廣氏が「えんとつ町のプペル読みたいけど、2000円だから買えない」という小学生の声を受け、「お金の奴隷解放宣言」として自身の絵本をネット上にて無料公開した。

 

ここで読めます

http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909

 

既にSNS上では激しい賛否両論が繰り広げられているがそれはまあ置いといて。

 

個人的には無料公開しても絵本の価値はなくならないし、逆に売れるだろうと考えていた。

 

絵本は文章や絵だけではなく、紙や本そのものに価値があるからだ。幼い子供達は紙や本を触って絵本を楽しむし、それは大人も変わりがない。

 

事実、無料公開後「えんとつ町のプペル」はAmazon売上ランキング1位になった。今まで興味なかったけど無料公開されたのを見て買った人も多いはずだ。

 

西野氏も以下の自身のブログでこう説明している。

絵本の場合だと、Web上で受けとることができる『データとしての絵本』と、本屋で売られている『物質としての絵本』の価値は、実は、イコールではありません。

http://lineblog.me/nishino/archives/9256730.html

 

これは西野氏の絵本だけではなく、多くの有形無形の商品に当てはまる

例えば私も参加していた「かさこ塾」という大人のためのセルフブランディングのためのセミナーがある(4回で5万円)。

http://kasako.jp

 

ここで教える内容は全てネットで公開出来ると思っているが、例え全て公開されていたとしても私は実際セミナー受講する方を選ぶだろう。

 

何故ならセミナーの真の価値は、実際にかさこ氏や塾生とのやりとりを通じて得る気づきや新発想、何より「好きを仕事にする」全国各地の様々な業種の仲間たちとの繋がりが出来ることにあるからだ。

 

仮に無料公開したとしてもその点を併せて伝えていけば、価値の違いわ理解する人なら実際受講するだろう。

 

となると、だ。

 

アデプトプログラムの内容をウェブで無料公開するのもありなんじゃね

という発想が出てきても仕方ない。

 

中の人は既にガイド様ではないので、以下作文のノリで無責任かつ自由に書かせていただく。

 

アデプトプログラムは8000年前ぐらいから口伝にてごく一部の天才や王侯貴族といったセレブのみに伝えられたものであり、1997年に「一般人にも教えていいよ」と天からのお告げがあったので、現在はミステリースクールの公認ガイドによって世界各国で教えられている。 

 

ただ伝えられる内容は現在も他者への口外NG、もちろんネット公開もNG。

これは内容を悪用されるのを防ぐ為であり、「全世界の人にアデプトプログラムを!」とガイド様達が頑張る中厳守されている。

 

全世界の人受けたらもう厳守もクソもないけど話を進めると、その上で無料公開するのもありじゃね、と考えた。

 

全世界のネット環境にある人がアデプトプログラムに触れることが出来る

これが大きなメリットであり、冒頭のプペルの小学生のように「アデプトプログラムに興味はあるけどどうしてもお金が出せない」人たちにもアデプトに触れることが出来る。特に興味がなかった人たちでも関心を持つ人は出てくるだろう。

 

しかし無料公開で教えるアデプトの内容と、実際受講して得るものの価値はイコールではない。

 

アデプトで最も重要な通過儀礼はもちろん受講しないと受けられないし、アデプト民だけの便利ツールも受講しないと実際機能しないようになっている。この点を無料公開内で伝えれば「やっぱ受けよう」と考えるはずだ。

 

またアデプトプログラムにおいては、プログラムが行われる空間に身を置き、そのエネルギーな浸ることこそが重要とされている。そこでは人生で受けたダメージの浄化やエネルギーを良き方向へ調整することが無意識のうちに行われている。

 

無料公開の内容をネットで見るのと、目の前のガイドの口を通じて聞くのでも当然エネルギー的には大きな違いが存在する。

 

アデプト受講料65000円(ガイドによってはそれ以上)はそこに価値があると言える。

 

ならば内容自体なら無料公開でもいいんじゃないねと考えた訳で

 とはいえ小手先だけの内容だけを公開しても意味はない。無料公開の内容だけでも人生が好転するぐらいでないと多くの人にアピール出来ないし、逆にそれが出来ればアデプトプログラムの認知度と恩恵を飛躍的に増やすことが出来る。

 

下手に変なキャッチフレーズや現世利益を謳ってアデプトに関心持たせて受講後に「こんなはずじゃ」言われるよりは、アデプト内容そのものの方が一般人に対して何よりのアピールだと思うんだよね。

 

アデプト受講済の人にも恩恵はある。

何しろアデプトで伝える内容は極めて多岐にわたり、本来1日だか2日で伝え切れるものではない。アデプト空間のエネルギーを堪能し過ぎるあまり寝てしまい内容を覚えてない人も多数いる。

 

そんなアデプトの良い子達も無料公開によって、ネット環境のある場ならどこでも復習することが出来る。

 

無論8000年の永きに渡り秘伝とされた人類の叡智と、個人の絵本やセミナーと同列に扱うのは無理はある。ここでは書けないいろいろややこしい事もあるので、提言ではなくあくまで「作文」として書いている。

 

ただ、ガチで「全人類にアデプトを」を望むなら無料公開は必須になってくる気がするんだなぼかあ

そもそもアデプトプログラムが一般人可になった1997年は、8000年の歴史にはない「インターネット」という新しいテクノロジーが対等してきた年。

 

インターネットと一般人可は偶然ではなく、遥か上の方のエライ人達がそこを見越して一般人可にした可能性はある。

 

そこから時代は目まぐるしく変わり今やスマホを通じて常時インターネットにアクセスすることが可能となった。今後も想像出来ないような革新的なテクノロジーが出てくる。

 

それを見越して再びエライ人達が「アデプトの内容世間に公開しちゃっていいよ」と言ってくる可能性もあり、そうなれば否応なく無料公開の流れとなるだろう。

 

そうなればアデプトを教えるガイドもただアデプトの内容教えて儀式やって生計立てるだけでは済まなくなるかもしれない。

 

まあ今はガイドじゃないから呑気に書いてるんですけどね(笑)

 

 

プペル無料公開から何だか壮大な話になったけど(笑)確かに言えるのはこれからますます情報公開していく流れになる

それでも対価を払っても受けたい、得たいと思うものを世界に提供していくことになるだろう。

 

厳しくも感じるが個人や会社の提供サービスの向上にも繋がっていくし、本当に誠実なものや受け取って幸せを感じるものが増えればいいと思っている。

 

あ、最後に書いとくけどアデプト無料公開はあくまで中の人の妄想であり、「アデプト無料公開始まるってよ」とドヤ顏で言うと大恥かくからそこんとこヨロシク!

 

 

*アデプトプログラムが無料公開されることはしばらくないので、興味ある方は早く受けてしまうのがお勧めです。

 

 

f:id:newparadigmkayo:20170122201604j:image

わんぱくサンドでおなじみのポタスタ@代々木上原のチーズクリームサンド。いわばデザートのサンドイッチ。

 

 

本業はヒーラーです


人生を楽しくするおうち魔女


北村佳代(MMS公認ヒーラー)


 

最新情報はSNSをチェックしてね!

facebook(友達申請、フィード購読歓迎)


https://www.facebook.com/kayo.kitamura.75
twitter(随時ツイートしてます)


https://twitter.com/newparadigmkayo
 
Instagram(だいたいパンの画像)


https://www.instagram.com/newparadigmkayo/




 

セッション詳細や申込みはこちらから


http://kiitos.jimdo.com/(STOVE)


メールでのご連絡はこちらから


newparadigmkayo☆gmail.com(☆→@)