読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

「人が考える自分」を生きる必要なんてない

「あなたはこんな人だ」人は他人をラベルづけするのが大好きだ

何故そうやって「自分が考えたあなたという人」を押しつけたがるのだろう。

そして、私達はそれをさも「自分自身」と思ってしまうのだ。

 

でもそんなのは本当の自分自身ではない。

人が勝手に決めつけた「自分」というラベルを何故貼り付ける必要がある?

 

それが簡単な生き方だからかもしれない。

「自分を知る」というのは実はとても難しい。

 

自分がどんな人間であるか知る時間もたっぷり必要となる。

それが「人生」と言われるものだ。

 

しかし今の時代は勉強だの仕事だのに時間を取られ

自分を知る時間が思いのほかなくなってきている。

そのくせ「他人」がどんな人間なのか興味津々なのだから

人間というのは本当に面白いものかもしれない。

 

自分がどんな人間か知らなければ

他人のラベルにしか過ぎない「自分」を生きるしかない。

それは本当に自分の人生と言えるのだろうか。

 

 

私はもう自分が「何者」かを知っている。

だから他人からのラベル付けはもういらない。

 

それでもラベルをつけようと考える人は多い。

なぜなら今まで私は「他人のラベル」だけで生きていたから。

自分が変わっても他人が気付くのには時間がかかる。

 

他人にラベルを貼っているヒマがあれば

自分がより上質なラベルをつけるのに専念すればいい。

あるいは自分はどんなラベルなのか知る必要がある。

 

例え人がかすみ草であることを私に望んでも

私が美しく咲き誇る薔薇になりたければ

薔薇となり周りの視線を集めるだろう。

 

私は「自分」を生きる。

だから皆も「自分」を生きて欲しい。

 

 

----------------

この当ブログを訪問くださった皆様には

心より感謝申し上げます。

 

新年一発目がポエムよりも大晦日の方が許されるかなと思い

書いてみました(てへへ)

 

当ブログを開設後はアクセス数が「3」しかない日も続きましたが

最近は「300」あることも珍しくはなくなりました。

 

「中の人」という着ぐるみを脱ぎ北村佳代で書き始めた当初は

夢を壊された方も多かったかも知れません(笑)

夢はいずれ覚めるものだとご理解いただければ幸いです。

 

更新頻度は増えたもののまだ毎日まで行っていないので、

来年こそは毎日楽しめるようなブログを更新する予定です。

 

来年も人生のスパイスがてら、

当ブログをご愛顧いただければ幸いです。

 

 

じゃ、鎌倉に除夜の鐘つきに行ってきます-!

 

 

心からの感謝を込めて

f:id:newparadigmkayo:20151123223325j:plain

 

中の人と呼ばれていた北村佳代より