読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

ブログはうっぷん晴らしではなく自分の価値を高めるために書くべき

エネルギー的ブログ術

いくら表面上でいい事を書いても、エネルギーが伴っていなければ意味がない

 

文章力が優れているか、

いかに体裁が良いレイアウトか、

トレンド性のある話題か、

 

ブログアクセスをUPさせる要素はいろいろあるけど、

やはり表面上のテクニックだけでは限界があります。

 

体裁の良いことを書いていても自分自身が実践していなければ

ただの薄っぺらい言葉にしか過ぎない。

 

逆に仕事や実践で自分の血となり肉になった事を書けば、

たとえ拙い表現であろうとそれは人々の心を惹き付け、

その言葉によって人の人生を動かすことだって出来る。

 

ブログ上の言葉はただ「文字」にあらず、

それは目には見えない「エネルギー」というものが

文字として見える状態になったものに過ぎない。

 

だから、その言葉を紡ぎ出すためのエネルギーが

重要になってくるのです。

 

 

それを痛感する出来事がありました

 

newparadigmkayo.hatenablog.com

 

割と評判の良かった記事ですが、

同業者がこの記事に対する反論とも言える事を書いたと聞きました。

 

昔の自分ならばさらにそれに関する反論記事を書きましたが

まあそれはさておいて。

 

この記事を書いた裏には

「なんでモニターの話を自分に持って来てくれなかったの(プンスコ)」

という想いがあったのかもしれません。

さらには自分が皆から忘れられていたのが悔しいという想いも。

 

もちろんこの記事を書く時にはそんな事考えてはいませんでしたが、

潜在的に思っていたのでしょうね。

 

こういった後ろ向きな想いが秘められていると、

いかに表面上は良い内容を書いて反応が良かったとしても、

 

思わぬところで反感を買ったりするものです。

 

「ブログを書く上での理念も定めた方が良い」とも言いますが、

これはその理念が善に基づくもので人々の役に立つものであれば

いい事を書きながら人から反感を買うエネルギーが発せられることは

あまりなくなるからかもしれません。

 

ブログは自分の価値を高めるためにあるのであり、足を引っ張られては更新する意味がない

 

この件を教えてくれた方が私に言ったのは

「人に誤解されることによりあなたの評価を下げるのはよくない」

ということでした。

 

私は以前ブログを「自分の鬱憤晴らしの場」としていて

盗んだバイクで走り出す的問題溢れる発言で知られていました。

 

今は改心して人が役に立つ、喜んでもらえる事を目指して

日々更新に励んではいますが、

 

それでも表向きには問題発言をしないものの

まだ問題発言していた時代のエネルギーが残っていたようでした。

 

いくら人に喜んでもらえたとしても

そんなエネルギーに足を引っ張られて誤解をされてしまうのは

確かに勿体ないし自分のやろうとする事も出来なくなってしまうので、

今後は暗に人を批判するような意図がないかどうかも

きびしーく自己チェックを怠らないようにしようと思います。

 

人々に対する発言力は高い自己価値感から生まれてくる

高い自己価値観を妨げるようなエネルギーや発言は控えると共に

さらに自分の価値を高めるような発言をしていってこそ

ブログを書く意味が増してくるのだと思います。

 

ブログには自分の生き様が反映されます。

いいブログを書くのであれば自分の思考や言動や生きざまも

トータルで良きものにしていく努力もしていきましょう。

 

 

 

f:id:newparadigmkayo:20150809191716j:plain

若干お堅い内容だったので

ピカチュウ先生でなごみます。

 

 

前向きでクリアなエネルギーのブログを書きたいならおすすめ!

DNAアクティベーション

 

北村佳代

http://kiitos.jimdo.com/