読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

女性はブラジャーを着けるべきか否か論争に終止符が打たれた日

結論から言うとブラジャーは着けた方がいいらしい

*タイトル通り本日の日記はALLブラジャーネタですので男性諸氏が閲覧される際はくれぐれもご注意下さいませ。

 

私にはネットを通じて存じ上げるようになり、それこそ恋い焦がれるレベルで憧れている方が何名かいらっしゃる。

 

そのうちの一人が吉祥寺にてランジェリーショップ「Rue de Ryu」を営まれる龍多美子さん。

補正下着や矯正下着ではなく、心と体の為のランジェリー | リュー・ドゥ・リュー / Rue de Ryu

 

永らく下着業界の第一線で活躍されていらっしゃるが、そのランジェリーに対する深い愛情と考察、そして下着によって女性達の美しさを引出し輝かせようとする姿勢に惚れ込んでブログを延々と読んでいたのを今でも覚えている。

 

いつかはルードリューで龍さんにフィッティングしてもらいランジェリーを買う。

 

それが長年の自分の夢であった。

 

が、その夢が突如叶った。

龍さんがゲスト講師をされるセミナーにてフィッティングモデルを勤めさせていただく機会に恵まれたのだ。

 

「ん?人前でブラ姿に?全然オッケーっす!!!」

 

そら龍さんにフィッティングしてもらえるならよゆーっすYO!!!

 

下着は単に胸を固定するだけの道具にあらず

さて、肝心の龍さんのお話しなのだが非常に多岐に渡っており、全てをシェアすることは難しいのでポイントだけお伝えすると…

  • ブラの本当の機能は女性の身体を起こすためにあり、これは着物と同じ働きである
  • 女性の99%は間違ったサイズのブラを着けている
  • 女性の身体は3タイプに分かれおり1タイプしか対応してない一般的なブラは合わなくて当然
  • アンダーに合わせると胸に対して合わなくなるのでトップに合わせるのが大事。アンダーは直せば良い

 

これだけでも目からウロコだが、龍さんフィッティングの真骨頂は、

 

本来女性が持っている美しい身体に戻してく

 

これに尽きる。

 

ここから波動といった若干マニアックな話になります

人は生まれてくる前に自分の人生を決めてくる。

この世界の真実でもあるが、当然自分の身体もどんな身体にするのか決めてくる。

その青写真に描かれた身体は皆美しいのだ。

 

が、人が皆青写真とは外れた人生を歩むのと同様、身体も本来のものからは外れたものになってしまっている。

 

私がヒーリングセッションで用いている手法は全て「青写真に基づいた、本来歩むべく人生に戻していく」ことが究極の目標であるが、

 

龍さんが下着を使って行っている事は「青写真に基づいた、本来の美しい身体に戻していく」ことなのだ。

 

ちなみに私達女性が「脇のおにく」「背中のおにく」と思っているおにくの多くが実は胸になるべきおにくであり、下着によって本来の「胸のおにく」に戻していく。

 

なお、今は地球の波動が上がっているので(龍さん談、決して中の人談ではない)昔は早くて3ヶ月は掛かっていた身体の変化が、フィッティングの段階で変化する人もいるのだそうです。

 

とにかく今は思ったことがどんどん実現していくので、美しい身体になりたければ「美しい身体になります」と結果にコミットすればいいとのことだった。

 

こんな感じで、いま成功している経営者は、宇宙の法則や地球の真理を体感的に既に知っていることを改めて実感するようなお話しが続いたのでした。

 

肝心のフィッティングについて語ってなかったですね

さて肝心のフィッティングなのだが、龍さんは「メジャー」というものを使わない。

本当に軽くタッチしただけで即座に合うブラを出してくださった。

 

「本来のバスト」に合わせたブラなので、「脇のおにく」「背中のおにく」をかき集めてカップに入れていく。集めたおにくが元の場所に戻らぬよう、肩ひもは通常のブラよりもしっかりしたものになっている。

 

ちなみにアンダーは余っていたのでこれは「お直し」することにより合うようにするのだそう。また左右胸が同じ大きさの人は少ないので、これはパットで補正していく。

 

私の場合、メジャーで測るとB70なのだが、本来のサイズはD65なんだそうです。

多分皆さんこんな感じなのだと思います。

 

ちなみに私が家から身に付けていったスタジオファイブのブラのサイズはC70で、龍さん曰く「間違ったサイズではなくこれも正しいサイズ」とのことでした。

横浜元町のランジェリーショップで選んで貰ったものなんですが、Cと聞いた時は「やったー胸がデカくなった!!!」と喜んでいたが(笑)どうやらフィッティング技術のあるお店だったようです。

 

龍さんのお店に行くのが難しい場合でも、きちんとフィッティングしてくれるお店で選ぶのがいいかもしれません。

 

あ、下着姿はここにはUPしません(笑)

ちなみにFBにはUPしていますので、気になる奇特な方はぜひ友達申請して見てやって下さい。申請しなくても見れますけどね(笑)

 

ともあれきちんとフィッティングされたブラジャーをつけることによって本来の美しい身体を取り戻すほか、身体の機能をサポートし姿勢を正しくすると共になんと筋トレにもなってしまう。

 

そんなブラジャーって本当に大切なんだなって思った次第です。

 

龍さん本当に貴重なお話しと機会を与えていただきありがとうございました!

またフィッティングのお話しをくださったセミナー主催者である岡安さんにも感謝です。

 

ちなみにこの日フィッティングしたブラはお直し後手元に来る予定ですので、「ブラジャーでブループリント(青写真)の身体に戻す」レポも書きますねー☆

 

f:id:newparadigmkayo:20150928230246j:plain

ブラになる前のおさしんで許してください(笑)

 

 

北村佳代

http://kiitos.jimdo.com/