読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

「いいことばっか起こる」より「何が起こっても大丈夫」な自分になることの強さ

魔術的つぶやき

まあいいことばっか起こるに越したことはありませんが

残念ながら人生では良いことも悪いこともどっちも起きるものです。

そして大事なのは「いいことばっか」と言っている人だって例外でないことです。

 

「いいことばっか」と言っている人はおそらく

「自分に起こることは全て意味がある」と分かっていると思います。

 

状況的には「うわ!マジか」と思うような状況であろうと、

例え一時的には「マジかよ勘弁してくれ」と思っても(笑)

 

その出来事が大きく成長するきっかけだったりすると「いいこと」に変わります。

 

だから「マジかよ」と思う状況も、あまり動揺することなく受け止められるようになります。

 

ヒーリングセッションで「いいことばっか起こってほしい」と希望する人は割と多い

 

ここでの「いいことばっか」は「傍目から見てもラッキーな出来事」という意味です。

 

そりゃそうですよね、せっかく安くはないお金を自己投資するんだもの、人間だもの、いいこと起こるの期待しますよね。

 

もちろんエネルギーを調整し天界や宇宙のパワーをより受け取れるようになれば、もちろんいいことは起こりやすくはなります。

 

それでも「あれ?」と思うような出来事だってあります。

 

ただ今までなら「ぎゃあああああ!」となっていた事を「あれ?」程度で受け止められるようになります。

 

もしかしたら「あれ?」と思っていた事を「ラッキー☆」と思えるようになるかもしれません。

 

人生で起こる出来事には良いも悪いも実はないんだよね

 

そんな出来事に「良い」「悪い」という「ラベル」を貼っていくのは、他でもない我々自身です。

 

もちろん「うわーこれに『良い』貼るのかよー」と手を止めてしまうこともあるでしょう。

 

でもそれを乗り越えて「良い」ラベルを貼るのに慣れていくと、「良い」ラベルをたやすく貼れるようになっていきます。

 

「良い」ラベルな出来事に囲まれたら…もちろんいい気分ですよね(笑)

 

そんな「いい気分」は速攻「良い」ラベルを貼れるような出来事を連れてきます。

これは「内にあるものが外側に顕現する」という世界の真理から見ても明白です。

 

 

まずは何が起こっても大丈夫な自分を意識してはいかがでしょうか

 

キングソロモン系ヒーリングの大きな恩恵は、この「良いラベルをさくっと貼れる自分になる」ことです。

 

決してヒーリングを受けたら自動的に良いラベルな出来事がじゃんじゃんやってくる訳ではありません。

 

良いラベルな出来事がどんどんやってくるようにするには、それこそエネルギーの法則を理解したり、自然や宇宙のエネルギーの流れに同調するような思考を身に付ける必要があります。

 

自分で難しい場合はコンサルティング等で自分に合った行動計画をプランニングしてもらうのが有効でしょうが、この世界の真理や法則を学ぶアデプトプログラムが一番手っ取り早いです。

 

物事をただありのまま捉える。

常に物事を前向きに捉える。

常に思考を前向きにする。

 

「ヒーリング受けたら楽していいことばかり起こるかなー」と甘い期待を抱き、それが大間違いだったことにごく最近気付いた自分が、こうすれば良かったんだなと気付いたのはこんな事です。

 

f:id:newparadigmkayo:20150821024431j:plain

頑張って読めば良い思考の足しになると思います。

 

 

北村佳代

http://kiitos.jimdo.com