読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

発信は「相手が喜ぶか」を念頭に置くべきだと気付いた話

魔術的つぶやき

今までの自分の日記は「オレがオレが」感が強すぎた

最近ブログ書く上で気付いたのが、読み手側が「役に立つような情報」「楽しんでいただける情報」を書くべきだということです。

 

そして自分はヒーラー。

それも世界の情勢をエネルギー的に把握すべきヒーラーです。

 

そんな訳で、今人々がどんなネタを求めているのか。ヒーラーとしてどんなネタを書けば笑いを取れる人々に喜んでもらえるのかエネルギー的にスキャニングを試みましたが…

 

 

あれです、もう深夜になった事だし「日記の質は関係ない。考えて書く程反応が悪い。とにかく毎日日記を更新することが重要」というかさこさんの言葉を採用し、とりあえず深く考えず書くことにします。

kasakoblog.exblog.jp

 

果たして自分は「喜び」を人に伝えていたのか

今までは「とにかく自分を開示して共感を呼ぶ」路線で行っていたが果たしてこれで良いのか、と考えるようになった。

 

役に立つことを目指しながらも基本ウケることを追求していた「中の人時代」(注:7月までの当ブログを指す)、役に立つことを目指しながらもヒーラーの「仮面」を被りオサレ感を演出していた「アメブロ時代」(注:7月までのアメブロを指す)を経て今は基本「読んで役に立つこと」を考えて発信している。

 

参考までにアメブロURL。8月以降はてなと同一タイトル同一内容となった。

http://ameblo.jp/newparadigmkayo/

 

だが、それが自分よがりになっていないかとふと気付いた。

 

内容的には割といい事書いてるんじゃね?と思ってはいるがあくまで「自分が思っている」だけだ。

 

いくら「いいこと」を書こうと受けての心に響かなければあまり意味がない。

無論全員のハートをガッチリキャッチ☆なんて芸当をする気はない。それをやってしまうとブログが無味乾燥なものになってしまい結局ガッチリ☆まで行くことは出来ない。

 

基本「誰かひとりのハートをキャッチ☆してアデプトプログラムやDNAアクティベーション受けてくれればいいな」と思っている。

だが、それが恐らく出来ていないのが現状なのだ。

 

それは相手のハートをキャッチ☆するほど喜ぶような内容ではなく「わたしのかんがえた、さいきょうのブログ」的なノリになってしまっている可能性があるということだ。これは恥ずかしい。

 

相手に喜んでもらうには、自分を喜びで満たすことが必須

もしブログ内容が相手にイマイチ喜ばれていないのであれば、それは書き手たる自分の意図が問題となる。ハートをキャッチ☆するような文章にする為のテクニカル面については追々リサーチするとして、まずは「書く上の意図」をしっかりさせる必要がある。

 

自分の場合もちろん読んでくれた方が「アデプトプログラムとかDNAアクティベーション受けたくなっちゃった!」となるのが理想ではあるが、それをやろうとすると宣伝臭くさくなってしまう。やる必要はあるが、訪問先のブログでやられると(よくある)割としらけるので出来ればやりたくない。

 

ヒーラーであるならもちろん人生に対する不安感を解消するためのネタを提供するのがが良いし、それがヒーラーとしての勤めでもある。

私としては「読んだ人が喜びでいっぱいになる」ブログにしたいと考えている。これは単に笑えるネタを書いて笑いを取ることにあらず、現代社会で疲れ切ったマインドがふっと緩んだり、悩みの種だったことにヒントが降りてくる。そんな「喜び」をブログを通じて発信したい。

 

そう感じてもらうには、まずは自分が「喜びいっぱい」の状態で「喜びを発信する」意図を持って書く必要がある。

 

「喜び」は真剣に、全身全霊で取り組むべき人生の目的でもある

勘違いしやすいことだが、何か面白いことがあって「きゃっはー」と喜ぶのは単なる「感情」だ。

 

「喜び」はもっと心の奥底から泉のように沸き上がってくるものであり、それには自分が「喜びいっぱいの人生を歩む」という真剣なコミットメントが必要になってくる。

 これは真面目に言っており、そこまでやるべきことなのだ。

 

なんせ肉体を離れた後「どれだけ人を喜ばせてきたか」と問われるのだから。

 

正直なところ、自分がそこまで「喜び」を真剣に追求出来たかというと、自信がない。

「喜びってなに?JOYって洗剤のこと?」とか口走ったこともあるぐらいだから。

 

ただ「洗剤のこと?」と口走ったときにはまだ「喜び=きゃっはー」と考えていた。

もちろんそれは違う。

自分が心底楽しいことをやったり、自分が生まれたらやろう!と考えてきたミッションを行っている時こそ喜び溢れた状態なのだ。

 

私の場合、そのミッションの中には当然DNAアクイティベーションやアデプトプログラムを多くの人に行うことも含まれている。

そこには地球の為、人々の進化成長を助けるため、そんな大義名分もある。

 

だが何より「人々が喜びいっぱいで生きていく」ようにするためなのだ。

 

アデプトやDNAAを行い喜びを感じ、それをブログに反映させ見てくれた人が喜ぶ、んでもってDNAAやアデプトを受けたくなる。

 

そんな訪問者を巻き込んだ喜びスパイラルをこのブログを通じて築き上げていけたらとても素晴らしい。

 

でもって、この日記は誰が喜ぶ日記なのか

深く考えず書いた結果、何だか「書いた自分がとっても参考になった日記」になってしまった気がしています。タイトル詐欺再びって感じで申し訳ない。

深く考えず書くと半ば自動書記状態になり、自分が「ほーほーなるほどー」と参考になってしまう日記が仕上がってしまうことが多々あり、今回もそんな日記になってしまったようだ。

 

あれですね、私を日々支える最強サポーター軍団(注:肉体はない)は余程私と訪問者の皆さんに「喜び」の追求を心がけて欲しいらしい。

 

次回からは本気で訪問者の皆様方に喜んでいただける日記にするので、今日の日記は参考になるエッセンスだけ汲み取っていただければ幸いです。

 

f:id:newparadigmkayo:20150821024431j:plain

役に立ちそうな画像置いときますね(英語だけど)

 

 

喜びいっぱいで生きて行くためにとっても大切!

DNAアクティベーション・アデプトプログラム随時開催受付中

STOVE・きたむらかよ

http://kiitos.jimdo.com/