読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうち魔女の「人生はアート」論

本業はヒーラーです。DNAアクティベーション等モダンミステリースクール(MMS)公認ヒーラーである北村佳代が、人生ふふっと楽しくなる言葉を綴ってます。宇宙や世界の真理を語ったり、パンについて語ることも。セッションメニュー詳細はHPで→http://kiitos.jimdo.com/

中の人がブログを書く理由を改めて振り返ってみた

魔術的つぶやき

「中の人は世界進出を見据えたブログ作りを行うべき」

というアドバイスを受けた中の人ですこんばんは。

 

まあ実際に言われたのは親友であり、実際の内容も「ミステリースクールの良い子にだけ受ける内容であるのはどうか」だったんですけどね。

 

中の人としてもミステリースクール愛好家やスピリチュアルオタクだけではなく、一般の方々にも読んでいただけるようなブログを目指してはいるものの、現状愛読者がミステリースクール愛好家に偏っており、その方々向けの記事になってしまうのは致し方ないことだと考えている。

 

同時に、一部同業者も当ブログを中の人のライトセンター宣伝広告の一環として捉えているところがあり、それ故宣伝広告というにはあまりにフリーダムな内容に疑問を感じているみたいだ。

 

そんな訳で改めて当ブログの存在意義について明らかにしたいと思う。

 

1.中の人の自己表現の一環

 中の人が己の個性や才能を伸ばすために、一番得意分野である「書く」という表現を行っているのが当ブログだ。

ネタにしやすく宣伝広告の一助にもなるということで、どうしても現在のライフワークであるミステリースクールネタに偏ってしまっているが、実際のところ時事問題やゲームネタや戦国武将ネタを書いてしまっても全然OKなのだ。

とはいえ「365日24時間ライフワークに勤しめ」という天からの声を無視することが出来ないのが中の人の改善点でもある。

ここにあるのは普通の文章ではなく、ポエムだと思えば自己表現の場だとご理解していただけるかもしれない。

絵や音楽の創作活動は立派な自己表現のひとつとして認識されている。それを普通の文章にも適用してもいいのではないだろうか。文章は単なる自分のライフワークの宣伝広告のみにあらず。

 

2.中の人のセルフブランディングの一環

最近この方のブログにはまっており、「ブログを書く」という行為がセルフブランディングにも繋がることを強く意識するようになった。

www.kasako.com

 

とはいえ知ったのは今月に入ってから。最近無料配布のかさこマガジンを送っていただいたところなので(感謝!)実践するのはまだまだこれから。

ただ、近々セルフマガジンを作ってみたいとは思っている。中の人の好きなこと、ものを紹介する中の人マガジン。責任編集は親友に任せる予定(笑)

なお、セルフブランディングを行うにあたってはアデプトプログラムが非常に有効だと感じている。

セルフブランディング講座を行っている、中の人の仲間でもある大手出版社エディター曰く、セルフブランディングは自分の強みを自分で探り出すプロセスでもあるが、普通の人にはこれが難関らしい。自分の強みが分からない方が多いそうだ。

一方アデプトプログラムを受けた人達は「自分で自分自身を知る」というプロセスを日常生活で自然に行っているので、自分の強みや魅力といったものを分かっているケースが多いので、すぐにそれを一般社会に向けて発信していくプロセスへと入れる。「理想とする自分」と「実際の自分」とのミスマッチもあまりない。

需要が高まりつつあるセルフブランディングだが、その一環としてアデプトプログラムを受けるのが常識になる日がくるといいと思っている。

 

3.中の人と上の人達とのコミュニケーションツール

これは「魔術師」である中の人ならではの存在意義だろう。

「上の人達」というのはいわゆる「神様」だの「仏様」だの「天使様」だの言った存在のこと。「妖精さん」とか「宇宙の皆さん」も含まれる。「上の人」なのでもちろんいい人達だ。

当ブログは「世の中に楽しさと笑いを」発信することも目的としているが、これを中の人の出来の悪い脳内のみで行う事はなかなか難しい。自分がウケる!笑える!と思って書いた事が実はブラックジョークになってしまう事はよくあること。内容がワンパターンになってしまったりと所詮人の脳には限界があるのだ。

そんな時頼りになるのが上の人達だ。

もちろん上の人達があれこれ話しかけたりはしない。上の人達は大変お高い存在であるので直接話すのは至難の業だ。

それでもありがたいことに、上の人達は中の人をはじめとする人間の皆さんとコミュニケーションを取りたがっており、主に「インスピレーション」という形で何かしら伝えてくることが多い。

何か「ひらめいた」「直感が働いた」のであればそれは上の人達からの何かしらのメッセージかもしれない。もちろんアデプトプログラムを受ければメッセージの精度が格段に高まるのはいうまでもない。

中の人の場合「書く」ことでこの上の人達のコミュニケーションを取っていることが多い。ネタなくなんとなくPC画面に向かってみたら、自分でも思わぬ良記事が書けた事はよくあることだ。

なお、インスピレーションではなく実際に上の人達と話せるようになる安全確実なプログラムというのもミステリースクールに存在しており、多くの魔術師が自分専属の上の人とのおしゃべりを楽しんでいる。中の人も早く楽しみたい。

 

4.はてなが好きだから

やっぱりこれが大きい。

はてなは10年前ぐらいにジャニヲタブログを始めた時に知ったんだけど、とにかくはてなでブログを書いている人達の文章がオサレで面白くて「自分のこの人達のようにブログ書きたい!」ってFC2からはてなに移ったのを今でも覚えている。

オサレな人達にも認められ、面白いブログですねって言われるようになったのはすごく嬉しかったしブログを書く自信にもなった。はてなはある意味恩人ですね。

今でもはてなは見てて落ち着くし内容も面白く読み応えがあるのが多いし、やっぱり使いやすい(個人的に)

集客メインならやっぱアメブロだろうけどはてなの空気感はやっぱり大好きだしここで認められたいって思いも強いんだよね。

 最後に

「ブログ書くヒマあったら仕事しろ」という目で見られがちな業界にいたので、どうしてもブログを書くことに罪悪感を感じることもあったり、しいては自虐に走ってしまうこともままあった。

しかし今はネットで自分自身の魅力を発信することが必要不可欠な時代なのだ。もはや業界に遠慮して自虐する必要なんてないのだ。

マニアックなネタを共有出来る仲間内のブログに終始した方が楽ではあるが、今後は一般の人にも興味を持ってもらえる、楽しんでもらえるブログにしていきたいし、その為に中の人自身の魅力も高めていくつもりだ。

 

御礼

見出しはこちらのブログを参考にカスタマイズさせていただきました!(感謝)

色は後日、背景に合う色に変更予定です

raptor36.hateblo.jp